詩仙堂

ここ数年、なかなか子供達と紅葉を楽しむということをしていないので思いっきて…学校を休ませて前々から行ってみたかった詩仙堂へと行ってまいりました。

詩仙堂は石山丈山が59歳で造営し没するまで過ごしたところです。丈山は隷書、漢詩の大家であり煎茶の開祖でもあります。

中国の漢晋唐宋の詩家36人の肖像を狩野探幽に描かせ、頭上にそれらの各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に揚げた詩仙の間がこの建物の名前の由来です。

詩仙の間からの写真を撮りたかったのですが…平日とはいえすごい人で、思い描いていた写真は撮れませんでした。そういう写真はパンフレットを眺めて満足することにします。

ひとつひとつが趣きのあるステキなお庭でした。

 

そして歩いて5分ほどのところにある圓光寺へ。

 

ここのお庭もなかなかの見応えでした。

詩仙堂とは対極の華やかさがあるように思えます。

十分楽しんでいるのは大人だけで、子供はかなり退屈しておりました。

そこでカメラに保存してある画像を見せて 「このお地蔵さんはどこにあるでしょう?」 クイズを出題。

↓こちらは撮影で人だかりができていたのですぐに見つけることができましたが…

↓下の小さなお地蔵さんの置物?には苦戦しておりました。

誰かがわざと置いた物なのかな?

もう少し晴れてくれていれば良かったのにな…と思いながらお寺を後にしました。

駐車場にもどると係の方に 「どこに行ってたの?」 と…。

随分、長い時間を費やしていたようです。

両方とも見応えのあるところでした。

人が多いとはいえ平日なのでそんなに大変でも無く、

もしかするとかなり贅沢な時間の使い方かもしれませんね。

 


「詩仙堂」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 詩仙堂の紅葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です