ちはやふる…もどき

我が家の娘達の流行りは百人一首です。

競技カルタが近江神宮で行なわれる為か、学校では百人一首に力をいれているように感じます。小2からすこしずつ覚えさせられ1月中に各学年毎にカルタ大会が行なわれます。

昨年、初めての歌を「覚えられへ~ん。」と泣いていたので一つだけ一緒に覚えました。(私はスグにわすれましたが)

次女は順調にその後も覚え続け

今年は 「五色百人一首滋賀県大会」 に出ることになりました。

(申し込めば誰でも参加可能)

五色百人一首は20枚毎に青・黄・緑・桃・橙と色で分けられ、色別で大戦します。どの色で勝負するかは、申し込み時に希望します。

学校でも青札から覚えはじめます。なのでこの大会にも自信のある青札で出場し、運良く低学年の部で優勝を果たしました。

青札の希望者が多く、低学年と高学年に分けられていたこと。そして低学年では3年生という有利な立場にあったのでラッキーが重なっていたのもあります。

これといってそんなに得意な事がない次女。一つでも自信がついて良かったのではないかと思います。

最後に次女の練習や当日の長丁場に付き合ってくれた長女にお礼。

百人一首はあまり好きでは無かった長女ですが、漫画「ちはやふる」のおかげで楽しくなったようです。

↓ちはやふるおみくじ

ただ、練習に飽きてくると序歌をラップ調にアレンジして歌う長女。

よりによってその歌が青札の開始時に毎回歌われていて、次女が思い出して気が散るのでは?とヒヤヒヤしましたが…大丈夫なようでした。

「来年は違う色で出場したら?」と言うと

満面の笑みで 「いいわ。」

どうも、勝ち逃げするつもりのようです。


この投稿にタグはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です