タグ別アーカイブ: 日記、子育て

てるてる坊主

先週、中学校で体育祭がありました。

前日から雲行きが怪しく、運動に前向きになれない娘が

「明日、なかったらいいのい~」と言っておりました。

翌日、朝方は曇っておりましたが、日中は良い天気でした。

娘の努力もむなしく…

それにしても雨が降っても「延期」というシステムを知らないのかな?

夕方、日焼けした娘が帰宅しその日は速攻で就寝につきました。

 


大きな口開けて

毎年、そんなにヒドイ症状ではないのですが、

花粉の影響で目が痒くなります。

今年はやはり量が多いのか充血までしてしまい、眼科へと行きました。

 

待合室に見慣れた保育園の制服の女の子がお父さんに連れてこられていました。

次女の通う保育園の制服です。

名札の色を見ると、娘より一つ下の三歳児クラスでした。

 

「かわいいなぁ」と見ていると…更なるかわいい事がおこりました!

 

診察の前に、視力をはかるのですが…

お父さんが膝の上に乗せようと、抱えている時から

大きな口を開け、

普通は顎をのせる台の部分を 「パクリ」 とくわえてしまいました。

 

その日は待ち時間がとっても長くて退屈だったのですが

かわいくて、おもしろくてちょっと得をした気分になってしまいました。

 

 


なわとび

春休みになりました。長女が毎日、友達を連れてきては縄跳びをしています。

二重跳びや、綾跳び、交差跳び、駆け足跳びといろんなことを体育の授業でしていますが、小学一年生にはどれも難しいようです。

私が二重跳びに挑戦したのは小学三年くらいからでは…?と思うのですが。かなり難しいと思います。

娘を含め、友達などの跳び方を観察しているとおもしろいです。

やたらと手を回しすぎる子。だんだんと大の字で跳んでしまう子。

とにかくがむしゃらでどうしてもひっかかってしまう子。

…など様々なのですが全員に共通しているのが、“跳びながら、口を開ける”です。

舌を噛むと危ないので、口を閉じて跳ぶようにと言うと全員跳べなくなってしまいました。

口を開けて脳内のバランスでもとっているのでしょうか。