岩城敏之さんの講演会

先日、岩城敏之さんという方の講演会に行って参りました。
京都府生まれの経済学部卒業ですが実家が玩具店だったので跡継ぎになられたそうです。いつもはおもちゃを持って来られるそうですが来客が講演会そっちのけでおもちゃに夢中になるから…と今回はお話のみでした。ちょっと残念。

いろいろと話し上手な方で(失礼かしら?)おもしろい話がいくつかあったのですが
一番印象に残ったのはおもちゃと子育てに関係のない話し。

最近では子供が犠牲になる誘拐や通り魔事件が多いですがその確率より交通事故に遭う確率の方が高いそうです。
死亡事故は減ってはいるけどその日のうちに亡くなる方が減っただけで意識不明者や後遺症が残る方が多く何も改善はされていないのです。
だからパートナーが仕事に行くときは無事を祈り、帰宅したら「おかえり。よく無事で帰ってきてくれたね」という気持ちで向かえてください。…と。

昔、母が「どんな喧嘩をしていてもお父さんが仕事にいくときは笑顔で送り出すんや」と言っていたのを思い出しました。
直接子育てには関係が無いけど母の父にに対する思いやりは家族を幸せにすることでもあり、やはり子は親の背中を見て育つものではないだろうか?…と思います。
主人と家業を営んでるので毎朝のお見送りはないけど幼いながらも母のこの言葉はとても大事で結婚したら実践しよう!と思っていました。

今、娘が私に対してどう思ってくれてるかなんて検討もつかないけど娘に魔女と間違われるようではいけないなぁと反省します。
ちなみに今津図書館で展示中の木彫りの”竜王”を見て「お母ちゃんや!」と言われてしまいました。(けっこう強面です)
主人に「となりの観音菩薩と間違えたんじゃないの?」って聞くと「いや、コレ見てお母ちゃんって言っとたで」と言われました。
甘いだけの親にはなりたくないけど怖いだけの親にもなりたくないな~。

だいぶ話しがそれてしまいましたが機会があれば又講演会にも行ってみたいなと思う人でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です