土用の丑

今津町は鰻屋さんがたくさんあります。
昨日は土用だったので町中に鰻を焼くいい香りがただよっていました。

そんな中どこらともなく甘酸っぱい匂いも…
くんくん、どうやら梅の香り。
お隣さんが梅干をつけられるのに土用干しをされていたようです。

私の実家でも母がよくしていました。
小さい梅をお箸で一つ一つひっくり返すのが面倒で母が
「もう今年で終わりにしようかな。でも一度漬けはじめたら何年かは続けなあかんねんて」
「何年て、何年?」
「さあ?多分八年」
「なんで途中でやめたらあかんの?」
「なんか縁起が悪いって昔から言うねん」
「縁起悪いってどう悪いの?」
「さあ?」
と毎年母と私が汗だくになりながらこの会話が繰り返されるのでした。

今は誰とこの会話をしているのかしら…?
それとも母もこのことを想いだしているかも…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です