伊藤若冲の切手


こうやってパソコンを使っていると手紙なんて
殆ど出さなくなってしまいましたが、
たまにもらうととても嬉しく感じたりしませんか?
私はさほど凝ってはいませんがキレイな切手を見つけると
買いだめして季節や封筒の雰囲気によって使い分けをしています。
そして一枚は必ず手元におくようにします。

最近「これは!」という切手に久々に出会ったので紹介します。
2005年切手趣味週間で発売された伊藤若冲筆「大鶏雌雄図」です。
切手はきっと今でも手にいれることができると思うのですが、
全国中央局の郵便局で特殊通信日付印という押印が2種類押せたようです。
(もう使用日は終わってます)
見本を見るととても素敵で、押印も欲しくなってしまいました。
ちょっと切手収集家の気持ちがわかるような気がします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です