一度はあこがれる赤玉のかんざし


一時、着物に凝ったことがあります。
(今も大好きですが育児中なのでお休みです)
もちろん、高いものは買えませんので母のおさがりを仕立て直しをしてもらったり、古着を買ったりしました。
生憎、背が高いので気に入ったものを着れるとは限りませんでしたが…。

着物って洋服とはちがって合わせる小物で随分と雰囲気がちがうのでそこがおもしろいところなんですよね。
「桜がまだ咲かないうちに桜を連想するものを身につけて(模様や配色など)一足早く春を楽しむものだ」と母から教わりました。

そんな着物の奥深さのとりこになった時にこの簪に出会いました。
実はまだ一度もつけていないのですが育児が一段落して余裕ができたら、
黒い紬の着物にあわしたい。
そのときには姉御みたいにならないように気をつけたいです…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です