無駄なし子供靴

子供の足ってすぐに大きくなります。
半年に一度くらい買い替えないといけないくらいです。

私達が小さい時ってたまに大きめの靴の先にティッシュをつめて
履いてる子とかたまにいましたが
(しかも埋めてる長さが3~5cmくらい。)
あれってよくないらしいですね。

どういう理由で良くないかはわかりませんが
ま、足にあってないとつまづきやすくなりますからね。

前回買ったのが10月ごろ…
その時点で少し大きかったのでまだ大丈夫だろうと
油断していたら、小さくなっていて
なんと爪に線が入ってしまいました。
ごめんね~。

それと入園の時期と重なり
しかも通学用、園庭用、上履きと必要で3足購入しないといけなかったのです。

無印良品の子供靴はちょっと嬉しい仕掛けがありました。
靴の中敷で大きさを調整するのです。
たとえば靴のサイズは14cmだけど中敷を入れると13.5cmになるという仕掛けです。

もしかすると履きつぶして同じくらいの寿命(半年)かもしれないけど
うまくいけば1年ぐらいは履けるかな?

無印良品のデザインってシンプルですごく気に入っています。
もう少し大きくなれば
アンパンマンどころかテレビキャラクターのモノを買わされるのでしょうが
まだ文句を言わないうちは親の趣味をおもいっきり
おしつけています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です