薬の飲ませ方

子供に薬を飲ませるのって一苦労ですね。

初めて、シロップタイプの薬を処方してもらった時は
姉から教わった
ストローを子供の喉に落とす。という方法を試みました。
聞いたときは、「なるほど!すごい簡単!!」

…と思ったのですが、すごい嫌がってまるで拷問をしてる気分になります。

仕方なく豆乳などに混ぜて出すと「おいしいわ~」と飲んでくれるようになりました。

問題は粉薬です。
お医者さんに聞くと「バニラアイスクリームに混ぜる」と教えていただきました。
「そんな邪道な!!」と即座に却下。

薬局にオブラートを買いに行くと、2歳半でオブラートは難しいんじゃない?
と、ゼリー状(苺味)のオブラートをすすめられました。
確かに、大人でも喉にひっかかるよな~と思い
ゼリーも邪道だと思いつつも購入しました。

早速帰宅後そのゼリー状オブラートを使用して
お薬をあげると
初めはウキウキした声で
「コレなに?ねぇ、お母さんコレなに?」
でも一口食べると、身震いして「もういい」
試しに私も一口入れると確かに震えるほど苦い!

恐らく、薬との組み合わせが悪かったのだと思います。

で、結局一番邪道だと思ったバニラアイスクリームを使用しました。
娘は幸いアレルギーが無いけど
牛乳、卵のアレルギーだとこの方法は取れないしどうやって
飲ませるんでしょうね?

娘はしきりにバニラアイスクリームの名称を知りたがってたけど、
やはり普段はあまり食べさせたくないし、
病気の時の特別な食べ物にしたくて「ええもん」としか答えていません。

薬を飲まなくなった今でも
「ねぇお母さん、ええもんちょうだい」と言ってきます。

よほど美味しかったのですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です