大事な時間

毎朝、登園をぐずる娘。
「お母さんといっしょにいたいの~」と泣かれると
かわいそうになって休ませたこともあります。
(甘い?)

でも夕方迎えに行くと
「もっと遅くに来てほしかった」

先生に伺うと
親と別れたあと少し泣いてるけど
友達に誘われておままごとしたりと
けっこう楽しく過ごしている様子。
よくある話しなんですけどね。

例のごとく
「明日、保育園いややな~」というので
からかいながら
「お母さんが帰った後、先生に絵本読んでもらったり
お友だちと遊んだりしてるんやろ~?」
と言うと

「あのな、朝は泣きたいねん」

だそうです。

毎日、必死であの手この手をつかい
ときには親が二人がかりで世話をするので
それが満足みたいです。
要するにひとり占めの時間なんですね。

妹のことをだいたいはかわいがるし
赤ちゃんがえりもなく
逆に心配していたので
アレが甘えなんだとわかってホッとしました。

あまりにもいい子で居るのは
疲れるものです。

今日はありがといことに
予約でいっぱい。
彼女の相手はできないので
土曜保育へ行ってもらいました。

お弁当と、おやつを持って。
ルンルンで行きました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です