おさんぽ京都

先日、伊藤若冲展に行って参りました。

兼ねてから若冲の美術展があれば足を運びたいなと思っていたのです。

次女を妊娠中に京都市博物館で若冲展をやっており、

「行きたい、でも不安。」という気持ちで「不安」の気持ちが勝ってしまったので断念しました。

それから10年。育児が一段落。二か月間の開催期間中、有名な作品を替えての展示。「雪中雄鶏図」の展示期間中に行くことができました。

今年は若冲生誕300年ということで各地で様々な催しをやっています。

この4月に東京都美術館で開催された「生誕300年記念」では

「釈迦三蔵像」や「動植綵絵」などの33編が展示されており、相当見応えがあったようです。平日の午前中でも100分待ち!

駅から美術館まで往復し、そのまま帰るのがもったいなくなりお腹も空いたのでそのままお店を探しながら河原町のの方まで移動。途中、休憩をいれましたが最終、錦市場まで。

(↑こんなパロディ版つくっていいの?と思わず撮ってしまいました^^;)

やはり観光名所とあってこの通りは一段と賑やかです。

伊藤若冲が錦市場の青物問屋の出身ということもあってここでもイベントがされており、普段見ることが出来ないモノが飾られていました。

美術展の後のお楽しみ。

昔のミュージアムショップではハガキやクリアファイルくらいしかなかったのが今ではクッキー型があるんですね。(しかもレシピ付き)

嬉しくなってつい購入してしまいました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です