花森安治さんという方

想いが深すぎてどう言葉にして良いのかわからなくなる事が幾度となくあります。この本はそんな一冊です。

雑誌で感動したのは初めてで、花森さんの真剣な姿勢がひしと伝わってきます。

 

NHK朝の連ドラ 「とと姉ちゃん」 もうすぐ終わってしまいます。

「あまちゃん」以上に心寂しくなりそうです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です